無線通信とWiMAX

通信技術が発達する中、私達個人が用いる様々なデバイスは、私達がその内部構造について理解するよりも早く、進化を遂げました。
というよりも、現在でも進化している途中であり、その進化は開発規制などが行われない限り半永久的に続くでしょう。
通信技術の発達は、インターネットという「情報の波」、または「情報の蜘蛛の糸」を、より身近にしたのと同時に、それらはより人間自身の生活に深く結び付くことになりました。
昨今はいわゆる『スマート化』が進んでいますが、これらは、一つの機器が単体で動作するのは変わりませんが、ネットワークによって他の機器と連携することによって、より私達が望むような動作をしてくれるようになります。
技術が発達すれば、私達が『お腹が空いた』と「思考する」だけで、あらかじめ電子レンジに入れておいたお弁当が暖まるような、そんな仕組みとも言うことができます。

「通信」という分野で考えると、インターネットそのものを利用するためには、特定のゲートウェイ…いわば玄関口が必要です。
通常、スマートフォンでLTEなどの』モバイル通信を用いる時は、デバイス単体で通信を行い、インターネットに接続することができますが、これを行うためには、デバイス自身に「通信」機能が備わっていなければなりません。
単にOSを載せただけでは、通信を行うことはできないのです。
同様に、複数のデバイスでインターネット接続を行う時に用いる『WiMAX』も、これが動作するための「仕組み」が必要です。

Copyright © 2014 WiMAXの仕組みを紹介 All Rights Reserved.